リフレクソロジーだけにとどまらない、フットケア資格の専門スクールなら青山フットケアアカデミーです。
比較 checker 不安 checker 資料請求説明会  
3分でわかる!!リフレとフットケア
 

トップ

自然療法フットケアとは
シューズセラピー"
ウォーキングセラピー
リフレ・レッグアロマ
足・靴・歩行のフットケア
コース・料金表
足の専門家として活躍する
Q&A・資格認定・卒業生の声
スクール案内・サロン紹介
スクール理念

Contact
青山フットケアアカデミー(AFA)
東京都渋谷区道玄坂1-12-1
渋谷マークシティW22階

MAIL:info@aoyamafoot.jp

《個人情報に関する基本方針》

トップ/むくみ解消・レッグアロマ/足のむくみを根本ケア!アロマの施術とは? スペーサー
むくみ解消・レッグアロマ
足のむくみを根本ケア!アロマの施術とは?
ふくらはぎの深い部分からむくみを根本ケアスペーサー

リンパマッサージの進化系?むくみに悩む女性に人気急上昇!「レッグアロマ」の技術とは?

ふくらはぎがポンプ?
スペーサー

リンパマッサージ 足裏のリフレクソロジーは、実はむくみに対してあまり根本的な効果はありません。
足のむくみ解消を考えた時、いちばん重要な部位は「ふくらはぎ」だからです。

その理由を、簡単にご説明しましょう。
人のからだの大半は水分で、それも体内を循環しています。また、血液も心臓から末端の細胞へと流れ、そしてまた心臓に戻って来ます。これらをからだの循環系と呼んでいます。

しかし、水分や血液はどうしても下へ下へと、足の方へ溜まっていきやすいのです。これに対抗して足の方から上へ上へと押し上げるのが、「足のポンプの働き」です。いわゆる「足は第二の心臓」と言われるゆえんです。そして、それをいちばん果たしているのが、足の中でも「ふくらはぎ」なのです。

▲TOP
足のむくみはどうして起きるの?スペーサー

夕方になると、足首やふくらはぎがパンパンに張ってくる人が多いと思います。これは足のポンプ作用が充分に働かず、血液と水分の流れが悪くなって、からだの下の方(つまり足の方)に余分に溜まってしまうからです。この状態を「下肢のむくみ」といいます。

ところで足のポンプ作用とは、「足の筋肉の伸び縮みによる押し上げ作用」です。筋肉が血管やリンパ管を軽く押すことで、血液や水分が上の方へ戻るのです。これを「ミルキングアクション」と呼び、その人の「筋肉の柔軟性」によって強い・弱いが決まっています。

▲TOP
むくみは足ヤセの大敵
スペーサー
むくみは足ヤセの大敵

むくみは仕事で立ちっ放しの方、座ったままの方に起きやすい症状です。飛行機に長く乗っているとむくむ(エコノミー症候群)のと同じです。

その上、女性はハイヒールやミュール、サンダルなどで足を疲れさせます。すると、足の筋肉は硬くなり、足のポンプ作用が弱ってきます。こうなると、むくみが発生しやすい「体質」となっているわけで、毎日むくみに悩まされることになります。

そしてむくみは足ヤセの大敵でもあります。長くむくみを続けると足の脂肪が育ち、足やせしにくい状態になります。さらに、足の表面に凹凸がつく「セルライト」も発生させてしまいます。

▲TOP
リンパマッサージを超えるレッグアロマトリートメントとはスペーサー

足のむくみを生む諸悪の根源は、【足の筋肉の硬さ】(コリ)です。
このコリをほぐして筋肉の柔軟性を取り戻せば、足のポンプ作用が回復し、足のむくみは根本的に解消されていくはずです。

AFAの第2の技術「レッグアロマトリートメント」は、まさにその技術です。「リンパマッサージ」や「リンパドレナージュ」という西洋式技術もありますが、東洋式の「レッグアロマトリートメント」には、これらを超える効果があります。

「リンパ」とは、体内の水分を循環させている細い管のネットワークです。リンパ管は体表近くを通るため、比較的軽い(さするような)マッサージで流れをよくすることができます。発生したむくみはリンパで回収されるため、リンパの流れを促すマッサージにはむくみを軽減する効果があるとされています。

ただ、リンパ系のマッサージにはその場のむくみを軽減する効果はあっても、あくまでも対症療法。「すでに発生してしまったむくみ」を回収するだけで、「むくみを発生させない」ような、根本的な効果は期待できません。

一方、東洋式「アロマトリートメント」は、リンパよりもっと深い部分、つまり足の筋肉にまで働きかけ、アロマオイルの有効成分を浸透させながら足のポンプ機能を回復してくれますから、リンパの流れを促す以上の効果、つまり「むくみを発生させない」根本的なむくみ解消効果が望めるのです。

▲TOP
東洋式のトリートメント技術で、からだの循環系を正常化
リンパマッサージ・レッグアロマ

レッグアロマは、「その場のむくみを軽減してスッキリさせる」に加えて、「むくみの発生そのものを抑える」という根本的な効果が期待できるのです。「むくみにくい足」「むくまない体質」になれた方が、ずっといいですよね?

また、足裏に溜まる老廃物を最終処理して体内浄化するためにも、リフレクソロジーとふくらはぎのアロマの組み合わせは効果が高いといえます。実際、この2つをセットで施術すると、術後のスッキリ感が全然違う、とサロンでお客さまの評判になっています。
(当校のサロンではリフレ単独の施術を受けるお客さまの方が少数派です)

なお、一般のリフレクソロジーサロンで行われるオイルトリートメントは、リクライニングチェアで下から軽くさするリンパマッサージの部類ですから、AFAのアロマトリートメントとは施術のしかたも効果もまったく違うものです。目安としてお客さまの体勢が「仰向け」ですと、さするような施術になります。一方、レッグアロマトリートメントは施術ベッドに「うつぶせ」になりますので、ふくらはぎの「より深い部分まで」施術できるのです。

▲TOP
AFA第2の技術「ふくらはぎのアロマトリートメント」

AFAのアロマトリートメントは、畑中智子がサロンの現場で生み出した技術です。東洋式の手技がベースですからツボや経絡(気の流れ)の施術も取り入れ、またアロマオイルの有効成分を筋肉に浸透させながらコリをほぐし活性化を促す、西洋的な手法もミックスさせています。

その特徴をまとめると、次ぎのようになります。

リンパと血液の流れを促進し、その場のむくみが取れる、足が軽くなる、などリンパ系マッサージ以上の効果があり、より効果が持続的になります。
足のポンプ機能を回復させるため、リンパと血液の流れが自動的に活発化、むくみにくい体質となり、足やせ・セルライト解消にも根本的な効果があります。
リフレクソロジーと相性がよく、老廃物排除・体内浄化に大きな効果があります。
アロマオイルを使用した、高級感のあるトリートメントメニューが組めます。
施術者への体力的な負担が少ない技術なので、女性が施術するのに適しています。
ウォーキングレッスンで外反母趾・O脚などをケアする際にも必要になる技術です。

「ふくらはぎのアロマ」は、むくみ・足やせに悩むお客さまにとっての強い味方です。この技術の考案者・畑中智子の主催するサロンでは、50回の回数券を繰り返し購入されるような、熱心なお客さまが数多くいらっしゃったのもこのためです。

みなさんが癒しの世界で活躍をされる上で、「ふくらはぎのアロマ」の技術を身につけられれば、間違いなく強い武器となるでしょう。

AFAのアロマトリットメントについて「もっとよく知りたい」という方は、当校の直営サロンで施術体験を受けられるといいかも知れません。ふくらはぎが芯から軽くなった時の、羽根がはえたようなスッキリ感を体感でき、お客さまにとっていかに強烈な印象があるか、実感されることと思います。

リフレクソロジー・アロマトリートメントのコンビネーションで 一段上の商品質な癒しが提供できます(就職・開業にも有利)。
「本物の癒し・トータルフットケア」をぜひご覧ください。

▲TOP
青山フットケアアカデミーTOP | 資料請求・説明会 |   |
スペーサー
コピーライトライン